年下旦那との日々

年下旦那との生活を綴っています。

子宮頸がん~円錐切除術の詳細!もし手術当日に生理がきたら?腰椎麻酔や手術の時間等!

どうも、さげ子です。

 

前回記事では手術の宣告をされました。

【参考記事】

 

今回は、子宮頚部円錐切除術についての体験をまとめていきます!

 

生理中の円錐切除術は避けた方がいい

f:id:sageco:20171225121114j:plain

 

入院するまでの2週間、

職場の引継ぎを完璧に仕上げ

今日から入院だ!

と息巻いていたその日の朝。

 

 

 

 来ました。生理が。

うわぁ(;´Д`)

 

 

こういう時、生理不順って本当に困るんですね…

 

すぐに担当医に電話しましたが

出血量を見てみないと分からない為いったん外来に来てください、とのこと。

 

一応入院の荷物を持参しましたが、やはり手術は不可能との診断。

生理中は視野が悪くなり、本来切除できるものも切除しきれなくなるんだとか。

 

 「手術は3日後か3週間後しか空きがない」と告げられましたが

生理中に手術を行うリスク

職場の事も考慮すると

その2つでは選択ができません。

 

 何とかお願いをして1週間後にリスケ出来ました。

 

そこまで至急を要する手術ではないので、1か月後とかでもいいんだそう。

 へぇ、そうか(´・ω・`)なんか切ない…

 

1度手術スケジュールが狂ってしまうと、なかなかリスケが難しいので

絶対に生理に当たらない時期を選択することをお勧めします!

 

 

円錐切除手術入院当日(1日目)

ようやく月の物も終わり、晴れ晴れしい気持ちで病院に向かいます。

 関係各所(お見舞いに来る人達)にお詫びの連絡を申し上げ、リスケ時にはメンタルが凹みましたが、いざ入院当日になると少し心が晴れるもんです。

  

前日に病院から「〇時に来て下さい」と

連絡が来ますので、所定の時間に到着。

 

 受付へ書類提出後、病棟へ向かいます。

 

今回は女性特有の病気での手術なので

保険金がやや高めに降りることを想定して

個室(7,560円/1日)をとってもらいました。

 

 ユニットバスにミニキッチンまで付いていて便利です。

  

個室に通されると、剃毛を宣告されました。

 午後15時頃、戸田恵梨香似の美人の看護士さんに綺麗に剃毛され、何か清められたような気分でした。

言われるがまま、剃毛後にシャワーを浴びます。

以降はシャワーNGらしいです。

 

 剃毛が終わると、もうする事がありません。

手術前の状態なので体は元気です。

  

18:30頃夕食。

夕食後は絶飲食という名の修行の始まりです。

ですが、初日は全然辛くないです。

  

 

円錐切除手術当日(2日目)

この日も手術時間が来るまでは暇です。

身体はとても元気なので、手術というよりは

手術の時間までの空腹との戦い

  

手術時間は予定では16:00からでしたが

16:00になっても何の音沙汰もありません。

  

「実は前の前の患者さんの手術が長引いているようで、おくれてるんですよ~」と。

 

16:30頃

「さげ子さん、次なので着替えておきましょうね」

 

 手術着に着替えます。

 

浴衣のようなモノなのですが、前後逆に着るんですよ。

手術あるあるですね。

 

手術室へは徒歩でも車いすでもいいという事で、車いすに乗っていきました。

時間は17:00でした。 

 

 手術室到着

手術室に到着しました。

まず名前とバーコードの確認を行います。

 

その後、前の人が終わるまで手術台のある部屋の隣の部屋(?)で待ちます。

ここには術前の人や術後の人がいます。

 

自分の番がやってくると、手術台へ歩いていきます。

 到着すると心電図やモニター関連をペタペタと貼られます。

  

腰椎麻酔開始

手術台に座り、腰椎麻酔を行います。

腰椎麻酔は全身麻酔よりも、体への負担が少ないです。

 

 私は腰椎麻酔は初めてではありませんが、意識があるまま麻酔を行うので、麻酔を行う瞬間が痛いので怖いんですよね…

 その日の状態によっては麻酔の影響で目の前がチカチカしたり、吐き気と共に一瞬視界が暗くなったりしますので、何かあればすぐに周囲の人に伝えてください。

  

腰椎麻酔は、背中を丸くします。

丸くすると背骨が見やすくなるので、それを元に針を刺す場所を探します。

 

針を刺されて少し後に、激痛が走り

体がびくっとのけぞってしまい、介添えしていただいていた先生に押さえつけてもらいました。

 麻酔が終わると横になります。

  

いよいよ円錐切除手術開始!

担当医が手術室へ入ってきます。

麻酔の効き具合を確認され「手術していきますね~」と声掛けをされます。

 

少し何かされてる感はありますが

痛みは全くありません。

 

むしろ、ジュゴーという音がずっとしていて、いったい何の音だろう?と思っていたうちに

 「手術終わりましたよ~お疲れ様です」

 と言われました。

 

 

 

 

え、早っ:(;゙゚''ω゚''):

 

 

 

 

 

10分くらいで手術は終了。

 

 

「じゃぁお部屋帰りますね~」

 

と看護士さんにベッドにのせられ

帰ってきたのは17:30前。

 

 

  

早すぎる。

 

 

 

チームドラゴン…(;゚Д゚)?

 

 

手術を見守ってくれた家族も、あまりの早さにあっけにとられていました。

 旦那は無事に終わってよかった、と泣いていました。

 当事者より周囲の方が、精神的に来るんでしょうね。

  

 

円錐切除手術後の痛みや苦悩について

手術後しばらくは麻酔が聞いているので、痛みも感じません。

下半身は動きませんが、元気です。

 夜21時から、水分補給はOKになりました。

 

しかし、麻酔が切れてきたあたりから、しんどくなってきます。

 子宮部分の痛みは、生理痛の軽いバージョンくらいの痛みしかなかったのですが

尿道カテーテルが擦れて

気持ち悪いんです(´;ω;`)

  

ずっと同じ姿勢だと腰もだるいので寝返りを打ちたいのですが、尿道が擦れて痛いので寝返りが打てません。

 腰痛と尿道カテーテルの違和感に悩まされ、なかなか眠れませんでした。

 

 

円錐切除術退院日(3日目)

深く眠れず、朝5:30に起床。

朝一見回りに来てくれた看護士さんに、尿道カテーテルを抜いてもらいました。

 

痛い。

手術より痛い(´;ω;`)ウッ…

 

  

膀胱さけたかとおもた(´;ω;`)ウゥゥ…

 

 その後自力で排尿も出来ました( ;∀;)ウレシスギル

その日の朝は、とても清々しくさわやかな日光が指してきました。

明らかに世界が昨日とは違います。

お腹も全く痛くありません。

  

7:00 待ちに待った朝食です。

何の変哲もないトーストと野菜炒めでしたが、空腹のためとてもおいしく感じます。

 

8:00 退院診察です。

内診台に乗って中を見られます。

ガーゼを取られるのが痛いし

気持ち悪い( ノД`)シクシク…

 

出血も少なく、シャワーなら浴びてOKと。

部屋に戻り速攻でシャワーを浴びます。

最高です。

 

そのあとは、精算出来るまで自室で待機です。

 手術後とは思えないほど元気いっぱいで11:00頃に退院となりました。

 

 

入院費用はいくら?

2泊3日で86,605円(個室代込)

個室代を除くと

63,925円でした。

高額療養費は一応申請していましたが、必要なかったかもしれません。

 

 

まとめ

  • 手術のスピーディさに驚嘆
  • 術後の痛みはほとんど無し
  • 尿道カテーテルが気持ち悪い

 

【参考記事】退院後の生活について

 

【参考記事】高度異形成で円錐切除を行った時の保険金