年下旦那との日々

年下旦那との生活を綴っています。

子宮頸がん~円錐切除後の生活について詳しく書いてみた。出血や運動は?性生活は?

どうも、さげ子です。

 

前回ではついに異形成部分を手術にて切除しました。

その後の生活についてまとめてみます。

 

通院ペース

  • 出血が止まるまでは週1回。その間入浴NG
  • 出血が止まってからは月1回細胞診。問題なければ性生活解禁
  • その後問題なければ3カ月に1回細胞診

  

退院〜1週間

f:id:sageco:20171225172248p:plain

腰椎麻酔の副作用・硬膜穿刺後頭痛に悩まされる

この間は、腰椎麻酔の副作用で頭痛に悩まされました。

硬膜穿刺後頭痛というらしいです。

 

麻酔をするために脊髄に穴を開けるので、その穴から髄液が漏れ、脳内の髄液が減るために起こるようです。

 見聞きだけではめちゃめちゃ不安になりますが、日にちが経ち、穴がふさがり髄液が増えると快方に向かうため、1週間もすれば頭痛はなくなります。

 

横になっていると元気なので動きたくて仕方ないのですが、起きるとじわじわと頭が締め付けられていきます。

 

退院当初はこの頭痛がしんどくて、買い物も一人ではいけませんでした。

  

 

円錐切除後出血はおりものに血がまじる程度

出血は少量。ややピンクのおりものが出るくらいでした。 

  

 

鼻水のようなおりものが大量に出る

出血や腹痛はなかったものの、おりものは大量に出ました。

先生曰く、「傷口を治そうと出てくる汁」と分かりやすい解説。

 

 

1週間後~2週間後

 大量のおりものは継続中

汁がすごい。

人によっては臭いが出る人もいるようですが、私は気になりませんでした。

 

  

2週間後くらいに出血がやや濃くなる

かさぶたが剥がれだした為だと思います。

 人によってはここで大出血になる事もあるそうなので、お仕事されてる方はこれを考慮して休んだ方がいいかも。

 

また、この辺で切除した細胞の病理診断の結果が確定しました。

 難しい手術だったらしいのですが、

CIN3のまま診断は変わらず、病変部分も無事取り切れていました。

  

 

頭痛は無し

1週間経つと同時に頭痛から完全解放されました。

 

 

腹痛も無し

何故か全くありません。

 

  

2週間~1か月

だらだらと続く出血

1か月くらいはだらだらと出血していました。

 徐々におりものも減って、完全に出なくなったの術後1か月ピッタリ。

 

 

入浴と運動が解禁

出血が止まると入浴と運動のOKが出ました。

 

 

夫婦生活はまだNG

それ以外は、いつもの日常生活が難なく送れます。

 

 

2か月半~

円錐切除術後、初の細胞診の検査が必要

ここで問題なければ夫婦生活も解禁です。

この検査で問題なければ、以降は3カ月に1回の検査となります。

 

腹痛がたまにある

手術のせいかは分かりませんが

排卵日前後はひきつるような痛みがあったり、足の付け根がズキズキと痛むこと

がたま~にあります。

 

 

おりものが少なくなった

手術前は1年中おりものシートが手放せず、生理や排卵日でもないのにドロッと出てくることがありましたが、手術後はおりものが少なくなりました。

 

今思えば、子宮頸がんの自覚症状の一つだったのかもしれません。

 

 

 

私は今3か月に1度のペースで検査を受けに行っています。

 

たまたま、異形成段階で発見することが出来、無事切除出来ましたが、私は運が良かっただけかもしれません。

 

大変なのは、妊娠をしてからだと思います。

 

特に赤ちゃんに負担をかけるわけですから、高度異形成になる前に病院に行っていればよかったと今でも思っています。

 

子宮頸がんは予防できる癌です。

ワクチンもあるのです。

 

私のように、おりものが多い等

異常が見られれば必ず病院に行きましょう。

【参考記事:高度異形成で円錐切除をした時の保険金】

www.sageco.jp